スポンサーリンク

ランキング参加しています!


人気ブログランキング 

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!

 

ブログに訪問していただきありがとうございます

 

「あれ、ほしいなー」

 

「この服とこっちの服、どっちがいいかな?」

 

買い物に行ったとき、

買いたいものが決まっていても、

いざお店に到着したら目移りしてしまう。

 

これがいいかな、

あれがいいかな、、

と迷いだし、

 

「これにする!!」

 

心に決めて購入。

 

しかし、

帰宅してあらためてみてみると、

 

「何でこんなもの買ったんだろう??」

 

そんな経験がありませんか??

 

今回は消費者行動の心理について記事を更新していきます。

 

自分の意思があったにもかかわらず、

気づいたら全然関係ないものを買っていたり、

財布のひもが緩むことがあるはず。

 

そんな心理に迫っていきたいと思います。

 

実は操られている!?消費者心理の誘導!

優越感や名誉がほしい!

 

「では、列の一番前の人にインタビューしてみましょう!いつから並んでいるんですか??」

 

「昨日の夕方5時から並んでいます!」

 

よく新しいiPhoneの販売があるときに放送されるインタビューですよね。

 

新商品だからいち早く入手したい気持ちはあります。

売り切れてしまうかもしれない焦りも感じます。

 

しかし、

なぜこのように徹夜して並んででも買いたいのでしょう?

 

徹夜してまで並んで買いたいと思うのは、

 

優越感を満たしたいから

 

最新の機種を手に入れ、

 

SNSに投稿したくさんのいいねをもらう

 

みんなにうらやましがられたい

 

みんなに自慢したい

 

そんな心理があります。

 

また、

行列の一番前にいるとマスコミにも取り上げられるため、

自分が一番前にいるんだと名誉欲も満たされます。

 

こうした傾向は男性に多いのです。

男性は、

 

誰よりも優位に立ちたい

 

という心理的傾向があります。

男性の心理もくすぐられているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

行列があるとつい並んでしまう

 

「この行列、なんの列だろう??」

 

と足を止めてしまう人が多いはず。

足を止めてしまうのにも理由があるのです。

 

ここには、

他人と同じ行動をしようとする

 

同調心理

 

が働いているのです。

 

「みんな並んでいるから、私も並ばないと損するかも?」

 

と思ってしまうのです。

 

本能的に他人がやっていることと同じことをしてしまうのです。

 

さらに人間は孤立することや孤独を恐れます

自分だけ取り残されないようたくさんに人が参加することに、

 

「自分も加わりたい」

 

「仲間になりたい」

 

という気持ちから行列に並んでしまうのです。

 

また、

 

「これほど並ぶなら得をするに違いない」

 

と自分もあやかろうとする心理も働き、

行列があると人間は並んでしまうということになります。

 

迷うと本日のおすすめに逃げてしまう

 

「本日のおすすめはこちらのメニューになります」

 

「私のおすすめはこちらの商品になります。多くの人がご購入いただいてますよ。」

 

このようなすすめ方をされた人はいませんか??

この言葉を聞いたときに、

 

「じゃあ、それで!!」

 

と答える人も多いはず。

いざ選ぼうとしたときに魅力的な商品やメニューがあると、

優柔不断になってしまいます。

これはいわゆる

 

葛藤状態

 

になります。

 

葛藤状態になるのは、

いくつか選択肢があるのに、実際には一つしか選べないときに起こります。

 

「こっちもいいけど、あれも捨てがたいなー」

 

このように揺れ動き、

なかなか決められないのです。

 

このような状態で言われる、

 

「本日のおすすめ」

 

これは、

今の葛藤状態から抜け出す打開策となるのです。

 

”人間は選択肢を選ぶという葛藤から抜け出すためにはどんな手段でも使います”

 

こうならないように、

普段から物を買う時の自分なりのルールを決めておくと良いでしょう。

 

まとめ

今日の更新でまとめた消費者行動の心理は、

 

優越感や名誉がほしい

 

行列にあるとつい並んでしまう

 

迷うと本日のおすすめに逃げてしまう

 

今回はこの3つを紹介しました。

 

消費者行動の心理はまだまだあります。

お店側からの仕掛けや、CMの戦略など、、、

 

次回の更新を楽しみにしていてください。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

今日の閲覧数ランキングTOP10