スポンサーリンク

 

みなさん、おはようございます!

今日も更新していきます!

最近、暑かった日が続きました。

昨日、今日と天気が崩れ、

少しばかり気温も下がり、

クールダウンできたところです。

また、気を入れなおして頑張っていこうと思います。

昨日の記事は読んで頂けましたか?

男と女の恋愛における違い書きました。

違いがあって当たり前なんですが、

知っておくのと、知らないのでは、

対応が変わってきますので、

ぜひ、

読んでみて下さい。

今日の内容はしぐさについてです。

しぐさと言うのは、

本音を語ります(笑)

無意識に出ているからこそ、

その人のことがよくわかります。

まずは人と話す場面においてみられるしぐさについて、

書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

会話のときの口元に注目

口というのは、

言葉を発していなくても

その人の気持ちをかなり語ってくれています

観察していると、よくわかりますよ。

相手の口の周りの筋肉を見て下さい。

緊張しているか、

緩んでいるのかなどです。

あなたの話に興味がある、面白いと思っているときは、

口は軽く開き、時々歯が見え隠れしています。

口を軽く開いているのは、

情報を取り込みたいという心理からきています。

逆に、

相手の話に興味がない、つまらないを表すのは、

口元をキュッと閉じています。

拒否の表れで口を閉じます。

相手からの情報を拒んでいるというサインです。

不安や不満が増えてくると、

唇はさらに内側に入り、

上か下の唇を噛んだり、

両方を噛んだり、隠したりなどのしぐさが見られます。

話をしているとき、

相手の口は軽く開いている状態なら、

話を続ければいいし、

逆に閉じてきたなら、

こちらの話は切って、

相手に話してもらうなど、

使い分けることができます。

 

笑顔の種類を見極める

笑顔も実は観察しやすいとされています。

幸せを表す表情は笑顔しかないからです。

この笑顔にも、

3パターンほどあります。

3つなので、覚えやすいと思います。

1パターン目として、

本当に楽しい、心からの笑顔というのは、

目尻にシワが寄り、頬の筋肉が目尻近くまで上がり、目尻と唇の端が近づきます。

笑いジワができる人は見分けやすいかもしれないですね(笑)

2パターン目は、

作り笑顔です。

頬の筋肉は上がりますが、目尻にシワは寄りません。

目が笑っていないように感じると思います。

さらに、笑顔の持続時間に注目して下さい。

作り笑顔は長く続きます。

本当の笑顔は一瞬で変わりますよね。

作られているからゆえに、

少しずつ顔から消えていきます。

笑顔が同じ状態で4秒以上続いたら

作り笑顔の可能性大です。

3パターン目は、

軽蔑の笑い。

相手を騙そうとか、

陥れようとかのときの笑顔です。

この特徴は、

左右非対称の笑顔です。

片方だけの目尻にシワがよる、

口角が片方だけ上がる、

などがそれに当たります。

注意深く観察して見てください。

 

まとめ

しぐさについて書きました。

まずは口元と笑顔です。

これだけでも知っていれば、

相手と話しているとき、

うまくキャッチボールできてきます。

一方的に話すこともなくなるはず。

表情やしぐさというものは、

知らず知らずのうちに、

本音を語っています。

あなたも注意して見てください。

軽蔑の笑顔はやめましょうね(笑)

あなたのこれからが変われば幸いです。

読んで頂きありがとうございます。

ランキング参加しています!応援していただけると嬉しいです!


人気ブログランキング    

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク