スポンサーリンク

ランキング参加しています!


人気ブログランキング 

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

みなさん、こんにちは!

昨日は少し出かけて、

ランチに行ってきました(笑)

美味しいサンドウィッチでした!

パンがふわふわで美味しかったです。

付け合せのポテトの量が多くて、

おなかいっぱいでした(笑)

出かけたこともあり、

今日は、遅めの起床(笑)

今日も書いていきます!

昨日に続き、

話を聴くときに絶対やってはいけないこと」です!

ここまでの内容を実際の相談などで、

活用することができていれば、

あなたはかなりの聴き上手です。

あなたがより信頼を得られるようになればと思います。

 

話を聴くときにやってはいけないこと

緊張感が伝わってはいけない

スポンサーリンク

話を聴くためには、

相づちなどの技術も必要ですが、

話しやすい環境を作ることも大切です。

もちろん、

大切な話をしたい話し手の方は、

緊張も緊張ですよね。

これからどうなるかわからないことを話したいわけですから。

それに、その話をして、

あなたがどのような反応をするのか、

不安を感じていますよね。

そのため、

こちらの緊張感が相手に伝わらないようにすることが大切です。

できるだけ相手がリラックスできるように、

緊張していても、それをみせないように振る舞いましょう。

私がしていることは、

案内するお部屋までゆっくり歩きます

扉もゆっくりと開け席にゆったり座ります

「今日は来ていただいてありがとうございます。お話色々聴かせてください。」

と言い、相談に入ります。

また、あいづちについても話の内容にもよりますが、

大きくゆっくりうなづくようにしてます。

何事にも動じない、

余裕のある態度を示すように心がけてください。

優しい雰囲気を出すようにしましょう。

 

話題に興味を示さない人と、話すほど苦痛なことはない

おしゃべりが好きな人であっても、

話にまったく興味を示さない人と話し続けることは、

苦痛に感じます。

話すことに慣れていない人なら、なおさらでしょう。

話を聴くとき、

自分が全然知らない話題であったり、

興味がないこともそれはあります。

しかし、それは自分のことであり、

目の前に相談に来ていただいた方には関係ありません。

知らないことを知る機会を得たことだけでも幸せです。

あいづちを打つ」、「大きくうなづく」といった方法は、

基本的な技術ではあります。

さらに、驚くことや相手に感動を伝えるのも効果的です。

しっかり相手の気持ちに向き合うことが大切です。

+αの感動が伝えられるようになれば、

コミュニケーションもより円滑に進みます。

 

まとめ

昨日に続き、

「話を聴くときに絶対やってはいけないこと」

を書きました。

話を聴くとき、

緊張しないことなんかありません(笑)

しかしそれ以上に相手が緊張していることは、

話した瞬間わかるものです。

暖かい雰囲気で聴くことを心がけ、

あなたとあなたの大切な人のこれからが変われば幸いです。

読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク