スポンサーリンク

ランキング参加しています!


人気ブログランキング 

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!

 

ブログに訪問していただきありがとうございます!

こんばんは!

今日は夜に更新します。

無意識にでてしまう癖。

これは誰にでもあります。

私が特に気にしてしまうのは、

貧乏ゆすり

です。

ふとしたときに貧乏ゆすりをする人を見かけます。

どんな心理があってこの行動をしてしまうのか?

気になったので調べてみました。

 

交渉相手が貧乏ゆすりを始めたら、相手の弱気と取る⁉︎

大半は無意識でしてしまう

よくある癖としてあげられるのが、

貧乏ゆすりではないでしょうか?

私も昔はよくやっていました。

これが癖になっている人は、

大抵無意識でやっています

もちろん、自覚している人もいるでしょう。

貧乏ゆすりほど、

周囲の人間が気になってしまう癖はないのかもしれません。

 

貧乏ゆすりはなぜしてしまう?

では、貧乏ゆすりはどういうときにしてしまうのでしょうか?

わかる人はわかると思いますが、

不安を感じているときについやってしまう行動です。

心理学的には、

転位行動

と呼ばれています。

転位行動とは、

今取り組むべき問題をやりたくないときや、

その問題が解決できず困っているときなどに、

目の前の問題とは全く関係ないことをすることで、

心の緊張や不安、辛さを紛らわせようとするストレスへの対応行動です。

言い換えると、

貧乏ゆすりをすることで、

心の不安や緊張、辛さを解き放ち、

心のバランスをとろうとしているのです。

貧乏ゆすり自体はそれほど困ったものとはいえないとも言えるのです。

 

貧乏ゆすりの欠点は?

貧乏ゆすり自体は、

心の安定を図っている行動なので、

本人にとっては必要ではあります。

しかし、

周囲の人間には、

気になるし不快感を与えてしまいます。

また、

ビジネスなどの交渉の場ではどうでしょう?

お互いに本音を見せずに、

交渉を少しでも優位に進めたいと思うのが普通です。

それなのに貧乏ゆすりをしてしまっては、

心の不安や緊張が、

相手に伝わってしまいます

ストレスへの対応行動と知らなくても、

貧乏ゆすりが急に出てきたら、

何か焦っているな

と感じてしまうものです。

知っている人ならそれを逆手にとり、

交渉の主導権を握ろうと強気の発言をしてくる可能性が出てきます。

ビジネスの場では、

うかつに出てしまわないように、

十分気をつけたほうがよいでしょう。

反対に相手がしていたなら、

こちらは強気に攻めてみるのも一つの方法です。

 

まとめ

貧乏ゆすりについて書きました。

ビジネスの場で、貧乏ゆすりを見たらチャンスと捉えるのが良いでしょう。

緊張や不安の表れです。

交渉の場なら一気に攻めていくのもありです。

自分の場合なら、

緊張や不安があるときに貧乏ゆすりをしていないか確認してみてください。

大抵は無意識にしてしまうので、

意識してみてみないと知らず知らずのうちにやってしまいますよ。

読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

今日の閲覧数ランキング10