スポンサーリンク

ランキング参加しています!


人気ブログランキング 

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!

 

おはようございます!

今日も更新していきます!

昨日は好きな色、嫌いな色から読み取れる性格について書きました。

まずは、赤色、黄色、青色についてでした。

色から読み取れるあなたの性格は?思わぬ自分が見つかるかも!

自分と照らし合わせてみてどうでしたか?

私はバッチリ当たっていましたので驚いています(笑)

今日もその続きです。

違う色について書いていきます。

あなたの好きな色は何色ですか?

 

おさらい

スイスの心理学者マックス・リュッシャーは、8色の中から被験者に好きな色を選ばせることによって、その人の潜在意識や性格などを判定するカラーテストを実施しました。

このテストの結果により、好きな色はその人の願望や欲求を表していることが判明し、嫌いな色からは過去の経験を意味することが判明しました。

 

緑色

頑固さ、自負心、優越感の象徴とされています。

我慢強く、堅実なタイプ

男性の場合は話し下手な傾向もあり

少し堅いイメージですね。話し下手な人は、案外緑色が好きだったりして(笑)

一方で緑色が嫌いと言う人は、

自分が周囲から認められていないと思っている

周りの人に見る目がないと感じている

このような傾向が見られます。自分がどう見られているかより、自分がどうあるかが大事だと思います。周りの人のせいにしてはいけませんからね。

 

茶色

暖炉、家庭、安定、安全性の象徴です。

協調性があり、人付き合いのよいタイプ

自分の意見を曲げない頑固な一面もあり

木造住宅の中にいると、やけに安心するのは茶色が多いからでしょうか?(笑)

一方で嫌いな色に選んだ人は、

みんなに認められたい気持ちが強い

もっと目立ちたいと思っている

緑色とは逆ですね。自分を前に出したい思いが強いですね。

 

紫色

神秘的、感覚的の象徴とされています。後は、富や権力の象徴とも聞いたことがあります。

紫色が好きな人は、

繊細で感受性が豊か

ロマンチストなタイプ

想像力が豊か

性格が複雑である傾向も

感情型なんでしょうね。ロマンチストであることから、雰囲気を大事にするタイプかもしれません。想像力が豊かなので、サプライズが得意そうです(笑)

一方で嫌いな色に選んだ人は、

周囲に反感を持っている

孤独感や疎外感を感じている

周囲から孤立していることを表しています。紫色が嫌いな人に出会ったら、積極的に人の輪の中に入ってもらうといいのかもしれません。

 

まとめ

今回は、緑色、茶色、紫色についてまとめました。

こういう好きな色、嫌いな色から、

普段とはちがうあなたが見えてきます。

身近にいる人の小物や服装も見てみると面白いかもしれません。

その人の意外な部分が見えてくるはずです。

もちろん自分の意外な部分も見えてきます。

会話の話題にしてみてください。

読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

今日の閲覧数ランキング10