スポンサーリンク

ランキング参加しています!


人気ブログランキング 

 

  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!

 

 

 

ブログに訪問していただきありがとうございます

 

「最近、体がなまってきたなー」

 

「太ってきたから運動しないと」

 

このように運動をしようと思ったことは誰にでもあると思います。

このブログをみてくれているあなたもそうじゃないですか??

 

運動をすることに、

 

ダイエット

 

健康

 

運動不足の解消

 

を求めてる人がだいたいだと思います。

 

運動はつらいものです。

 

しかし、

運動には心理的効果があります。

 

その心理的効果を紹介させていただきます。

 

 

運動により得られる心理的効果とは?

認知能力や集中力、考察力が上がる!

 

かの有名なジョージア大学で行われた研究です。

運動と脳に関する研究の中で、

 

20分の運動がその後の集中力を高める効果があると結論付けました。

 

運動してから3〜4時間は効果は持続するようです。

 

運動すると血流が良くなりますよね。

脳の血流がよくなれば、

ドーパミンが放出されるのでより意欲的になるわけです。

 

歩きながら勉強すると暗記しやすいと言われるのはこれに基づいているとも言われています。

 

5分程度の汗ばむ運動を習慣にしておくだけで将来の認知症を発症するリスクも下がります

 

感情をポジティブにしてくれる

 

「あー!すっきりしたー!!」

 

ひと汗かいた後は気分がすっきりしますよね。

学生時代から運動をしてきているので私なんかは特にそうなんです。

 

運動は、

長く続くストレスを長期的に緩和してくれ、

血糖値が安定することで気持ちも安定してきます。

 

一流のパフォーマーやビジネスマンは普段の生活に運動を取り入れている方が多い。

気分を安定させ、集中力や認知能力を上げて仕事に活かしているからです。

 

ストレスがたまりがちな人は運動することをお勧めします。

 

寝つきの悪さが解消される

 

「最近、眠れないなー」

 

「全然眠った気がしない」

 

寝つきが悪い、眠った気がしない人にもおすすめなのが運動です。

 

単純に気分がすっきりして、

適度な運動による疲労が溜まるので眠りにつきやすいのです。

 

午前中にランニングや運動をしている人がいればさらに耳寄りな情報があります。

 

陽の光を午前中に浴びていますよね?

そうするとセロトニンの分泌が活性化します。

セロトニンというのは幸せホルモンと呼ばれるもの!

 

集中力を高め、

 

考えをポジティブにし、

 

ストレスを減らしてくれます。

 

セロトニンは体内時計を調整する役割がありますので体内に貯めることが大切です。

寝つきが良くなり睡眠の質が高まるということです。

 

習慣になればダイエットにつながる

ストレス解消で始めたことが、

続けることによってやがて習慣となるでしょう。

習慣となれば生活の一部となるためやって当たり前の行動となります。

 

今までしていないことを習慣にするには21日以上その行動をとる必要があります。

運動は複雑な行動になるため、

習慣にするには60日以上かかるとされています。

 

習慣になれば食事をするのと同じような行動になるのです。

そうすればこちらのもの!

続けることによって体は引き締まり、

きれいなボディーラインが手に入ることにつながります!

 

最初は歩くことからでいいので始めてみてください。

通勤の時に一駅手前で降りて歩いて出勤してみる。

それだけで効果はあります。

 

ただし、

ダイエットに関してはすぐ効果は表れるものではありませんので、

自分の体に時間という長期にわたる投資をしていると考えて下さい。

 

まとめ

運動について調べてみると心理学的にもよい効果があることがわかりました。

 

ダイエットとかを目的にするより、

ストレス解消や眠りの質を高くしたいという目的の方が、

すぐ効果も表れるため取り組みやすい。

 

週二回くらいのスローペースで散歩などから始めているといいのかもしれません。

 

体と心のバランスが取れるようになりますよ。

 

あなたのこれからが変われば幸いです。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

今日の閲覧数ランキング10